カードローンとクレジットカードの違いとは?

最近、「あれ?」と思ったのですが、クレジットカードとカードローンを混同していることは結構多いです。
間違いやすいとは思いますが、実は両者の融資上限額(キャッシング部分)がかなり違うんです。
クレジットカードはショッピングの支払いがメインで、キャッシング枠は付帯的な存在なので、借りられる枠は小さめです。
当初は10万、20万といったところでしょうか。
カードローンはローン機能のみなので上限値500万円くらいが設定されています。
数字で比較するとクレジットカードとカードローン、全然違いますよね。
キャッシングは、ちゃんとプランを組んでからお金がピンチのときなどに上手に利用していけば日々の生活をアシストしてくれる心強いものなのですが、頭に入れておいてほしいのが入念に企てずに勢いにまかせたままで間違いなく返すことが可能だという値をオーバーして借り入れをしてしまうことによって返済日にお金が足りなくなってしまって大変な思いをしたり更に借金を重ねてしまい収集がつかなくなってしまう方もいるので無謀な借金をしないように注意しましょう。
キャッシングは近頃では時が経つに従って便利になってきて、スマートフォンで24時間いつでも気軽に借り入れできるので、人気を集めています。
店頭に行かずとも、スマートフォンがあればどこにいても申込みが可能です。
Web審査も短時間で受けられますし、契約手続きも全部スマホ1台だけでできるのです。
短い期間で小口の融資を実行することをキャッシングと呼ばれる事に対し、カードローンは長期型の大口融資を示す物と言い、呼び方にわずかながら違いがあります。
したがって、何かのご利用時にはキャッシングの標準的な基準として返済が翌月に一回での支払いになりますが、カードローンですと、長期的な返済の方法、リボ払いとなります。
ですから、金利の方は一般的に見てカードローンを使った方が高くつきます。

カードローン審査でパートと専業主婦の違いは?【みずほ銀行審査基準】